2017.08.18 全校登校日
久しぶりの全校登校日。
友達に会えて嬉しそうな顔をしている生徒もいれば、
夏バテ気味な顔をしている生徒もいます。

全校集会では、校長先生が
「夏休み中に大きな事故などが無く、みんなの元気な姿が見られて嬉しいです。
 体調をしっかり整えて、元気に2学期をスタートさせましょう。」
とお話されました。
また、インターハイ出場(詳しくは部活づブログで。)についても触れられました。
「目標を持っているかどうかで結果は決まります。
 進学・就職ともに目標を持てるように、自分の将来像をしっかり見つめてみよう。」
このお言葉の通り、2学期以降、自分を見つめる有意義な時間にしていきたいですね。
なぎなた1
なぎなた2


次に、なぎなた部インターハイ報告会を行いました。
インターハイ団体3位という素晴らしい成績をおさめたなぎなた部主将の安藤瑠音さんは
「創部2ヶ月でチームがひとつになれるかという不安はありました。
 しかし、監督、コーチ、チームメイトと一緒にがんばることができました。
 これも生徒のみなさんや支えてくださった先生方のおかげです。
 本当にありがとうございました。」

これに対し、生徒会長が
「今までの努力や今回の結果を糧に、これからも頑張ってください」
と言葉をかけていました。

他にも夏休み中に部活動で活躍してくれた生徒達の表彰を行いました。
詳しくは、部活動ブログをご覧下さい。

始業式まであと少し。
八稜祭もあっという間にやってきます。
体調を整え、しっかりと準備をしましょうね!
2017.07.20 1学期終業式
7月19日、1学期の終業式が行われました。
終業式にあたり早瀬校長より、気を引き締めた夏休みを送りましょうという話がありました。
今年度の精勤賞は413名であり、全校の51.6%でした。
精勤賞を受賞した生徒には各クラスで表彰が行われました。
終業式1
終業式2


また、本日は全国高校総体に出場する3競技8名の壮行式が行われました。
陸上競技部より3年5組村山征海君、
なぎなた部より3年2組安藤瑠音さん、3年3組水島麻奈美さん、1年1組山根千慶さん、
1年4組岡田奈津輝さん、1年6組青井千莉さん、1年7組田窪絵梨佳さん、
自転車競技より3年5組より二宗寛之君が出場します。
終業式3
終業式4


安藤さんより、
「多くの人の支えがあってこの場に立てているので、
美作高校、岡山県の代表として優勝目指して頑張ります」
という力強い言葉がありました。
平常心を大切に力を出し切ってほしいと思います。
2017.06.05 全校集会
6月5日は全校集会をしました。
中間考査を終えて、みなさんも落ち着いてきたかとは思いますが、
校長先生が言われたように、気持ちの良いあいさつを心がけ、
心を豊かに学校生活を送りましょう。

さて、今週から卒業生である二人の教育実習生の先生が来て下さっています。
前村先生は、地歴科の先生で、3週間、
川端先生は、保健体育の先生で、2週間、みなさんに色々なことを教えて下さいます。
勉強はもちろん、先生方が過ごした美作高校の話もぜひ聞いてみてくださいね。
全校集会1

また、生徒会執行部の認定式が行われました。
校長先生から「責任とプライドを持ってがんばって下さい」というお言葉を頂き、
認定証と役員証が手渡されました。
生徒会長になった瀧上さんは「精一杯頑張ります」とやるきを見せてくれました。
全校集会2


その後、各種表彰披露が行われました。
詳しくは美作高校 部活動ブログをご覧下さい。
全校集会3


「練習はウソをつかない。
勝ち負けが全てではないが、これからも結果が出るように頑張って欲しい」
校長先生のこの言葉を大切に、これからも日々の練習をがんばりたいですね。
5月25日の中間考査の最終日に、
中国民族芸術団の皆様にお越し頂き、芸術鑑賞会が催されました。
今回の見所である「変面」や、テレビなどで目にする機会の多い「皿回し」や「フラフープ」だけでなく、高く積み上げた椅子の上で倒立を行う「高椅子」など、妙技を間近で体感することができました。
芸術鑑賞会1
芸術鑑賞会2
芸術鑑賞会3
芸術鑑賞会4
芸術鑑賞会5
芸術鑑賞会6

また、希望者を募って技を体験するコーナーもあり、改めてその難しさを知ることができました。
芸術鑑賞会7


洗練された芸術に触れ、生徒たちだけでなく私たちも大変貴重な体験ができたと思います。
芸術団の皆様、本当にありがとうございました。


4月22日(土)、PTA総会の記念講演として
弓削田 健介先生に来ていただきました。

「ハナミズキ」や「BELIEVE」、「愛燦燦」などの
私たちが知っている名曲を大変素敵な歌声で
生演奏して下さいました。
記念講演1記念講演3

しかし、私たちが感動させられたのは、歌声だけではありません。
「歌には作った人が伝えたかったメッセージがある」
この考えのもとに、色々なお話をしてくださいました。
普段何気なく聞いている曲も、弓削田先生がお話して歌ってくださると、
より素晴らしく感じることができました。
記念講演2


また、弓削田先生は、『放浪の合唱作曲家』として、
様々な土地を巡り、ご自身でも素晴らしい歌を作られています。
なかでも「しあわせになあれ」と「ママのスマホになりたい」は
考えさせられる歌で、中には涙する方もいらっしゃるほどでした。
私たちが忘れがちなことを弓削田先生は思い出させてくれたのではないでしょうか。
記念講演4


保護者の方々、教員はもちろん、生徒のみなさんも色々なことを感じ取れた
コンサートだったと思います。。

弓削田先生、ウィットに富んだジョークと素敵な歌声を
本当にありがとうございました。
本日、平成29年度入学式が行われ、今年度は281名の入学生を迎えました。

初めに、早瀬校長より式辞が述べられました。
「夢と希望を持って入学した新入生には勉強・部活動・ボランティアなどに取り組むことで、
忍耐力や協調性を養い、社会人となる準備をしてほしい。
また、基礎学力の定着や地域との繋がりを大切にしてほしい。」
という言葉を頂きました。
H29入学式1


在校生代表の挨拶として、生徒会長の新田匡英君(3-5)は、
「これまで先輩方が築いた伝統を受け継ぎ、目標を持って挑戦することで自信をつけ、
小さなことでも一歩一歩、歩み続けて下さい。」
というアドバイスをしました。
H29入学式3

最後に、新入生代表で築山歩美さん(1-1)より、美作高校で一生懸命学び成長し、
多くの思い出が残る高校生活を送りたい。
そして、伝統ある美作高校で学ぶことで発展するように努力したい。」
という強い決意が述べられました。
H29入学式2


明日から色々な行事が始まります。
新入生の皆さん、一緒に頑張りましょう!
美作高校では、卒業式の日に各クラスの黒板に色々なことが描かれます。
担任の先生から卒業生への熱い思いが描かれるクラスもあれば、
生徒から担任の先生や仲間への感謝の気持ちを描くクラスもあります。

今回は、3年8組の黒板をご紹介したいと思います。
3年8組黒板1


左側は、創造コースの生徒がチョークだけで描いた作品です。
3年8組黒板2


今、全国的に流行している黒板アートです。
素晴らしい作品ですね!!
左は生徒による作品、右側は先生からのお祝いの言葉。
二つ合わせて、クラスの一体感が垣間見えます。

1、2年生にも教室が解放されていますので、ぜひ見学して下さいね。
3月1日(水)、本校体育館で「第69回卒業証書授与式」が行われ、計291名がそれぞれの夢に向かって学校を後にしました。

卒業式の写真 卒業式の写真

■卒業証書授与
式では鈴木校長より卒業証書を授与。

卒業式の写真 卒業式の写真

「『桃李成蹊』。徳の高い人のところには自然と人が集まってくるものです。私たち教職員の願いは、いつか卒業生諸君が、この県北の中山間地域にあって、地域を愛し、地域を守り、地域を発展させていくたくましい人材になってくれること。そして、そして卒業生一人ひとりが「桃李」になり、美作地域を支え、多くの人が希望に溢れ、元気に生活してくれることを望んでいます。どうか自己の人格を高めることを続けてください。自分の生き方に不安を感じた時はいつでも母校の美作高校を訪ねてきてください。皆さんの心の拠り所としてこれからもその役を果たしていきたいと思っています。笑顔で待っています。」などと、はなむけの言葉が贈られました。


■送辞・答辞
在校生を代表して、生徒会長が卒業生への感謝と激励の言葉を述べ、続けて卒業生を代表して元生徒会長が「社会に出ると、高校のように周りに頼ってばかりではいられません。しかし、美作高校で学び、大きく成長した私たちなら、社会でもやっていけると信じています。美作高校で過ごした3年間は一生の財産です。つまずいたりすることがあっても、ここで学んだことを思い出し、自分の足で歩み続けて行くことを誓います。」と答辞を述べました。

卒業式の写真 卒業式の写真


■3年間の軌跡

式の後半では、「3年間の軌跡」として卒業生たちが制作した、3年間の思い出がたっぷり詰まったスライドを披露。
入学式や宿泊研修、修学旅行、八稜祭(文化祭・体育祭)などの写真を見ていると、楽しかったこと、嬉しかったこと、悩んだこと、苦しかったことなど数えきれないほどの思い出がよみがえり、感動的なひとときとなりました。


その後、卒業生のピアノ演奏で校歌などを斉唱し、卒業生は、在校生や保護者、教職員の祝福の拍手に見送られながら会場を後にしました。

卒業式の写真 卒業式の写真
卒業式の写真 卒業式の写真


*****
みなさん、ご卒業おめでとうございます。
これから先、時には辛いこともあると思いますが、高校時代に何かに一生懸命になった経験と支えてくれた仲間たちが、これからのみなさんを励まし続けることでしょう。
これから始まる新しい生活が、光り輝くものになりますように…☆