美作高校で、国語と書道を教えていらっしゃる松浦 裕美先生が
この度、第六十五回独立書展特選を受賞されました。
普段、教員として仕事をされるかたわら、ご自分の力を試されているのはすごいことですね。
なお、授賞式は、先日、東京の国立新美術館で行われたそうです。
今後も書道界で活躍されることを期待しています。
松浦先生

松浦先生は、書道部の顧問でもあります。
書道部の皆さんも大変、励みになりますね!
職員室も新年度準備が行われました。
それぞれ先生方の学年団の移動も行われ、新しい先生方も加わり、職員室も少し模様替えし、先生方の平成26年度が本格的に開始されました。
4月8日(火)始業式から生徒の皆さんとも心機一転、新しい美作高校を作っていきます。
頑張りますのでよろしくおねがいします。
生徒の皆さんの部活動での活躍を身近に感じて、先生たちも頑張りました。
5月22日(水)美作高校体育館にて、平成25年度津山市内高等学校教職員親睦バレーボール大会が開かれました。9人制バレーボールで、常に女性教職員1名+40歳以上教職員2名が出場していなければならず、またバレーボール経験者はバックアタックしかできないという制約があるという大会です。
H250522市内高バレー1
たくさんの先生方が参加され、津山市内高等学校の先生方と親睦を深めました。
H250522市内高バレー2

結果は、優勝!!
H250522市内高バレー3
先生たちも生徒の皆さんに負けないように頑張りました。
本日、美作高校が事務局を務める、「美作地域福祉人材育成フォーラム」が行われました。
これは美作地域で福祉の分野で活躍する生徒を育てよう、と様々な機関が集まり行っているものです。
美作高校には福祉コースがありますので、美作高校としてもできるかぎり地域で働く人材の育成に力を入れていきたいと考え、事務局を務めさせていただいています。
現在の過疎地の最大の課題は高齢化。これを補助できる人材こそ地域に必要とされる人材だと思います。福祉に興味のある中学生の皆さん、一度美作高校を覗いてみてください。そして福祉のスペシャリストを目指しませんか?
IMGP8298.jpg
長期休み、生徒の皆さんは自分のしたいことをできてゆっくり…。
じゃあ先生は?暇なんですか?
よく聞かれますが…暇じゃあないです。(笑)

今年度の後片付け、新年度の用意、部活に、掃除などなど結構忙しいんです。
この時期校舎の中は静かですが、グラウンドでは練習の掛け声が響いています。
また校舎内がにぎやかになる日まで寂しいですが、みんなの楽しそうな声が聞けるのを待ってます。
人生、学び続けなければならない。
それは学校を卒業してもです。
つまりは先生も一緒。
本校の先生が他の学校へ行き、勉強をしてきました。

伺ったのは、兵庫県立千種高等学校。
とても明るくてきれいな、雰囲気のいい学校でした。
そこで勉強させていただきつつ、生徒と話をさせてもらったり、貴重な体験をさせていただきました。
その様子をブログで取り上げていただきました。よかったらご覧ください。

↓↓兵庫県立千種高等学校↓↓
http://chikusa.seesaa.net/article/186405595.html
先日お伝えした、美作高校の先生が一日消防署長に選ばれたニュース。
昨日の夕方から夜にかけてのテレビのニュースで和田先生がばっちり写ってました。
ピシッとした凛々しい姿はよく似合っていました。
また津山朝日新聞にも取り上げられました。
1daywada1.jpg

火の用心、乾燥する季節です。火の元に気をつけましょう。
09kenshu01.jpg  09kenshu02.jpg

今日は先生方の勉強会である研修の日、一日中しっかりと勉強をしました。
先生も生徒に様々なことを教えるために、日々勉強しています。

講師に美作高校外から講師の先生をお招きして、ご講義をいただいたり、1学期の反省をしたり、今後の話をしたり。
とても充実した一日を過ごしました。

先生たちも勉強しています。 生徒の皆さんも一緒に勉強しましょう!