FC2ブログ
それでは、昨日に引き続き、工事中の新男子寮の内部を紹介しましょう。

トイレです。特にかわったところはありませんが、清潔感あふれる白色を基調としています。
寮022007


寮022013


洗面所です。大きな鏡が正面についています。
寮022008


部屋の中に入ってみました。2段ベッドとロッカーが据え付けられています。
寮022009


寮022012


学習机も壁に据え付けられていて、机の面積としては非常に広くなっています。
寮022011


廊下から見た各部屋のドア。1階に10部屋、2階に10部屋作られています。
寮022017


これが画期的!! 2階の洗濯物乾し場ですが、屋根が開閉式になっていて、雨が降るときには閉じ、晴れているときには屋根が開き、洗濯物をしっかり乾かすことができます。
寮022014


寮022016


寮022015


最後に2階から見た、階段ホール。明かり取りの窓がとてもおしゃれです。
寮022018


さて、この男子寮、
3月3日(月)に竣工式が行われ、その後現在の寮から生徒達の荷物が引っ越しされることになっています。
3月20日(水)現在、新築工事中の新男子寮の内部に潜入してみました。初公開の画像の数々をお楽しみ下さい。

まず、外観はこのようになりました。フェンスができあがっています。
寮022019


次に食堂ですが、以前から利用していた食堂をきれいに改装中です。床、壁などが白を基調とした色となっています。清潔感あふれる食堂になりそうです。
寮022001


次に玄関を中から撮影しました。ガラス張りのドアになっています。
寮022002


さらにエントランスですが、一般家庭とは違い、広いスペースとなっています。
寮022003


お風呂も白を基調とした配色となっています。シャワーもたくさんあり、とても気持ちよさそうです。ちょっとした温泉気分が味わえそうです。
寮022004
寮022005


一度には紹介できそうにありませんので、また明日の「美作高校百景29」をお楽しみに!!
朝夕は冷え込みが厳しく、雪花が舞うような日が続いていますが、
校舎内外に春は着実にやってきているのがわかります。

正門横前の道路にある花壇は、美化委員の手によってきれいに植え付けられました。
花壇

パンジーは春の花とは言えませんが、その鮮やかなパンジーに降り注ぐ、陽の光がなんとも柔らかく、春の気配を感じさせます。

また、学花である白梅も、だんだんとつぼみが大きくなってきています。
白梅つぼみ1

あと数週間もすれば、可憐な白い花を咲かせ、辺りにあの魅惑的な香りを漂わせてくれることでしょう。


春は確実に近づいてきています。
しかし、春は、別れと出会いの季節です。
美作高校では、卒業式が3月1日に、入学式が4月9日に行われることになっています。


校長室1


今回の「美作高校百景」は、生徒の皆さんもなかなか入ったことのないだろう、校長室です。
校長室には、校長先生の机があり(当然ですが・・・)、応接セットが用意されています。来客時や、小会議などに利用されています。

また、壁には日本画や版画など、90年の歴史を感じさせるような絵画がつけられています。
DSC01676s.jpg
きれいな正門横の花壇

正門横の花壇のシバザクラが満開になっています。まるで、ピンクの絨毯(じゅうたん)を敷き詰めたように、2色のピンクが自然の模様を描いています。その中にチューリップがちょうど見頃で色とりどりの花を咲かせています。また、時期は終わりに近づきましたが、パンジーも存在感を示しています。

だし巻き玉子定食(360円)

事務所横の花壇には、無数のチューリップが咲き誇っています。
このチューリップ、実は昨年、美化委員が校門横の花壇で育てていたチューリップで、花が終わり、秋に球根を取り上げていたもの。

今年は、鮮やかな色合いはそのままで、数を増し、事務所前の花壇にずらっと花を咲かせたわけです。

朝登校してきて、きれいな花が自然と目にはいると、なんとなく心がすっきりした気分になります。
美作高校の新校舎(第3校舎)のトイレは、学校のトイレとは思えないほど特長があります。
新校舎トイレ

まず、一歩足を踏み入れると、人感センサーが働いて、証明と換気扇が自動的に動き始めます。その関係でトイレの壁にスイッチ類は一つもありません。
また、写真のように、大きなボウルの洗面台と大きな鏡が据え付けられています。例えば今まで、昼食後の歯磨きなどが行えるような場所(洗面所・トイレ)がありませんでしたが、これならホテルのトイレのように利用することができるでしょう。
そして、白を基調とした清潔感あふれるトイレとなっています。白を基調とするとどうしても汚れが目立ちますが、比較適清掃もしやすく、この白さと輝きを、私達はしっかり保っていきたいと考えています。
新校舎外観

平成19年3月15日に落成式を行った新校舎(第3校舎と呼ぶことになりました)の外観です。

3階には普通教室が2教室あります。今年度、1年生1組・2組が3階に入ることになりました。

2階には、稼働間仕切りで2教室に分けることのできる特別教室があります。面積は通常の教室の2.5倍程度です。今年度は生徒数・クラス数増の関係で、稼働間仕切りを常時仕切り、2年生1組の普通教室と、60名程度まで収容できる特別教室として利用することになりました。

1階には、主にキャリアコースが利用する技術教室と、主に家庭科や想像コースが利用する多目的教室があります。

新校舎の学校名

また、この新校舎の側面には「岡山県美作高等学校」の学校名が据え付けられました。鶴山通りの交差点からも見ることができ、学校へのアクセスも容易になるのではないでしょうか。
菊

秋口のこの季節になると、正面玄関に写真のようなきれいな大輪の菊が飾られます。
菊2

これは、美作高校を平成5年頃退職された、近藤先生が毎年丁寧に菊を育てられ、正面玄関に飾ってくださっているものです。この菊が飾られると、秋の訪れを感じさせられると共に、近藤先生がお元気にご活躍なところが目に浮かんでくるようです。

毎年ありがとうございます。