美作高校の正門を入ってすぐ右側に掲示版があります。


この掲示版に、生徒の皆さんへのメッセージを書き込まれているのは、校長先生です。
校長先生から生徒の皆さんへの熱いメッセージを読んで、元気に登校してください。
美作高校本館4階から鶴山公園がよく見えます。
ここ数日のポカポカ天気で、鶴山公園の桜が満開となり、お城山がピンクに染まっています。


始業式、入学式のころには少し散り始めているかもしれませんが、四季折々姿を変えるお城山の一番綺麗な季節かもしれません。
H250412鶴山公園
ほんの2週間前に全体がピンク色に染まっていた鶴山公園が,今では全体が緑色に染まっています。

H250425鶴山公園
このような城山の美しい移り変わりを眺めつつ,美作高校の生徒達も新年度の学年・クラスなどに慣れ,だんだんと地についた学校生活を送り始めました。
1年生も通常授業が今週から始まり,高校生らしい高校生生活がスタートしています。
3年生はいよいよ進路に向けて本格的に始動し始めていますし,各部も美作地区総体・岡山県総体に向けて活動を活発化しています。
鶴山公園の新緑のように,やる気にみなぎっている,美作高校です。
H25白梅小実

校内の白梅に小さな実がついています。
この白梅は,正門入ってすぐ左側,コミュニケーションセンター前に植樹されている3本の白梅の若木です。この白梅は,美作高校同窓会関西支部の皆さんから贈られた白梅で,実がなり始めて4年めぐらいになります。

まだまだ細い幹の若木ですが,しっかりと根付き,冬の間じっと寒さに耐え,早春には純潔な白い花を咲かせ,周囲に爽やかな香りを放ってくれていました。

「白梅のつぼみは,苦難に堪える堅固な意思,花は清く明朗で教養ある知性を,香りはうるおいにあふれた情操豊かな人間性をあらわす。」という,美作学園の「白梅精神」のシンボルとしてたくさんの白梅が校内に植えられています。今年もまた,たくさんの実をつけてくれることでしょう。
H250412鶴山公園

美作高校の校舎から,体育館の屋根越しに鶴山公園が見えます。
鶴山公園は,「桜の名所百選」にも選ばれています。今年も3月末より綺麗な桜が私たちの目に優しく映っていました。3月末の暖かい気候と先週土曜・日曜の悪天候で散ってしまうのではないかと心配していましたが,ここ数日の寒さで,心なしか緑が増えてきたものの,まだ桜色に鶴山公園が染まっています。

さて今年は,「美作国建国1300年」です。
同じ「美作(みまさか)」の名を頂いている美作高校は,2年後の平成27年に100周年を迎えます。歴史と伝統を大切に考えながらも,しかし常に前進の気持ちを忘れないような学校づくりを,現在の生徒の皆さん・保護者の皆様が支えてくださっています。本当にありがたいと感じています。

全日制課程772名+通信制課程147名=919名の地域で一番生徒数の多い高等学校として,さらに地域の期待に答えられるよう頑張っていきますので,どうぞ,よろしくお願いします。
校門脇の一角にリンゴの木が植えてあります。この木は,美作高等学校(特に通信制課程)を応援してくださっている「津山っ子を守り育てる市民の会」様より,ちょうど2年前の4月に寄贈していただいたリンゴの木です。

津山の青少年健全育成を目的として発足された「津山っ子を守り育てる市民の会」は,本校の通信制課程の立ち上げにも大きく関わってくださいました。リンゴの木は,「花をつけ,実がなる」ことから,生徒たちにも花を咲かせ,大きな実を実らせてほしいという思いを込めて,贈ってくださったと聞いています。

H25リンゴ1

さて,そのリンゴの木が2年目にしてツボミをつけています。
折しも4月14日(日)には通信制過程の入学式が行われます。40人の生徒が入学してきます。
H25リンゴ2
14日に花を咲かせてくれると良いがと思っています。
H25チューリップ

正門付近では,チューリップがちょうど綺麗な花を咲かせています。
昨年,キャリアコース2年生の実習で,ちょうど入学式頃に咲くようにとの思いを込めて植えられたものです。

来週はいよいよ始業式・入学式が行われます。
満開のチューリップが,生徒たちを迎えてくれることでしょう!!
2011.10.05 冬服移行期間
急に寒くなりました。
今は冬服移行期間になってます。

今日は寒さからか、体調を崩す生徒がちらほら見られました。ここのところ行事続きで疲れもあると思います。
自分で体調管理ができることも高校生として必要です。
教科だけが勉強じゃなく、これも勉強。

丈夫な体づくり、上手な自分の体のいたわり方を覚えましょう。