本日、美作高校は新入生登校日でした。

平成20年4月から美作高校に入学してきてくれる、258名という、非常にたくさんの生徒および保護者が美作高校の体育館に集合しました。


ちなみに入学予定者の今後の日程は、次のようになります。

 4月7日 制服引き渡し日
       入寮式

 4月9日 入学式

 4月10日 いよいよ高校生活のスタート
旧男子寮の解体がすすんでいます。
昨日から始まった本格的な解体で、現在は跡形もなく取り壊されてしまいました。

寮解体1


寮解体2
第13回海外語学研修がオーストラリアに到着して、3日目を迎えています。
本日オーストラリアは祝日のため、各ホストファミリーと自由行動していることでしょう。

さて、滞在期間中の様子を引率の吉田先生がブログで伝えて下さっていますが、
美作高校とエメラルド高校姉妹校交流

エメラルド高校の日本語教師でいらっしゃいます、川上先生もまたブログで様子を伝えて下さっています。
2008年 エメラルド訪問

生徒の楽しそうな様子が伝わってきます。
のぞいてみて下さい。
先週より始まった、旧男子寮の解体工事がすすみ、本日はユンボ(パワーショベル)の先のアタッチメントをグラップル(物を掴むことができるアタッチメント)に交換し、建物自体の解体が行われています。
この男子寮を巣立った多くの卒業生の皆さんにとっては、懐かしくもあり、また一つ思い出の場がなくなる寂しさもあるのではないかと思います。
解体3101


解体3102


解体3103
本日、美作高校では、「平成19年度岡山県美作高等学校通信制課程後期卒業式」が行われました。
今回、通信制課程より34名の卒業生が巣立ち、美作高校の卒業生は19,500人(新制高等学校以来)、通信制課程の卒業生も250人となりました。

通信卒業3091


通信卒業3092


通信卒業3093

卒業生の皆さん、大変おめでとうございます。
美作高校では本日、「専願合格生特別講座」が行われています。
これは、美作高校を専願(第1希望)で選んで下さった皆さんに、2月・3月を有意義に充実した生活を送っていただき、4月からの高校生活ではスタートダッシュを切って欲しいという願いから、昨年より始めている事業です。

特別講座1


特別講座2


専願合格生は、本日(8日)と来週(15日)の2回、基礎学力充実講座と実力養成講座のどちらかの特別講座に参加してくれます。
第13回となる「海外語学研修」に美作高校の生徒14名と引率教員2名が出発しました。
3月22日に帰国するまで、オーストラリアでの研修を行います。
海外1


この海外語学研修は、美作高校の国際交流(姉妹校交流)での代表的な行事となっています。また、この海外語学研修に参加することが、美作高校に進学してくる多くの生徒の志望動機になっているのも事実です。
海外2


一行は、10:30、家族の皆様、本校の教職員、生徒達に見送られて出発しました。
海外3


本日関西国際空港を出発し、明日朝メルボルン空港に到着。お昼頃からエメラルド高校の生徒宅にホームステイすることになります。

なお、「第13回海外語学研修」の様子は、引率の吉田先生が逐一ブログで紹介してくれています。
第13回海外語学研修もご覧下さい。
同窓会関西支部から寄贈して頂いた白梅が開花しました。
白くてかわいらしい花を咲かせ、いい香りが周囲に漂っています。
白梅開花


白梅開花2


白梅開花3

看板も備え付けられました。
寮竣工式4

平成19年10月より行われていた、新男子寮の工事も終了し、本日は竣工式が行われました。
新しい男子寮は、4人部屋×20部屋で80人収容の規模となります。在校生の寮生は、本日より新しい男子寮で生活を始めます。快適な環境で、進学に向けての意欲、さらなる部活動での活躍が期待できますし、中学校時代不登校で、高校入学を期に自分を試してみたいとお考えの中学生のみなさんにも、大きな選択肢となるのではないでしょうか。


さて、新しい男子寮の工事概要は以下の通りです


工 事 概 要


 現在の男子寮は築後半世紀を経て老朽化しており、新たな寮の建設が望まれていた。そこで、このたび美作学園は旧プール跡地に新寮を建設することにした。
 新男子寮の完成によってこれまで人格的向上に寄与してきた寮生活が、特別進学コース生徒など進学意欲の強い寮生に対して、毎夜・週末に勉学に意欲的に取り組める快適な環境を提供できることになった。また、特技を有する生徒も部活動に精励・集中できる家庭的な生活環境を整えることができ、一層の成果が期待できるようになった。
また、新男子寮には岡山県特産の木材を利用しており、その質感によって「家庭的な温かさ」を醸し出せることになり、中学校で学校から足が遠のいている生徒たちにも、心を和ませられる環境を提供できるようになった。健康面からも、化学物質の放散がない安心して居住できる居心地のいい寮生活も提供できている。さらには、岡山県からは建設にあたって補助金をいただき、地域と歩む美作学園にとっては理想的な寮建設となった。

工  事  名   岡山県美作高等学校 男子寮
工 事 場 所   津山市山北500番地
工     期   平成19年10月2日 ~ 平成20年3月31日
構 造 ・ 規 模 木造2階建て一部鉄骨造り(岡山県産の木材を使用)80名収容
  1階  宿泊室10室 寮監室 浴室 洗面所 トイレ 等
  388.29㎡
  2階  宿泊室10室 洗面所 トイレ 物干し場 等
  343.35㎡
 
食堂全面改修工事
 調理場の全面改修工事   食堂の全面改修工事 等
   96.48㎡
  延べ面積 731.64㎡

          現男子寮解体工事ののち、跡地を倉庫・部室・駐車場に利用

総 事 業 費 1億5千165万円(内、岡山県補助金200万円、備品等含む)
設 計 ・ 監 理   株式会社 総合企画
工事請負業者 浮田建設株式会社

DSC_0181s.jpg


本日、美作高校では、
「平成19年度 岡山県美作高等学校 第60回 卒業証書授与式」
が行われ、卒業生216名が本校を巣立っていきました。

在校生・保護者の皆様・教職員が見守る中、胸を張って堂々と入場してくる卒業生の姿に、入学後、大きく成長した3年間が伺えます。

卒業生代表の前生徒会長の竜門さんがすばらしい答辞を述べ、私を含め多くの教職員、卒業生、在校生、保護者の頬に、別れを惜しむ熱い涙がつたいました。

卒業生の皆さん、
ご卒業おめでとう!!