3月30日(木)、津山高校合唱部定期演奏会に参加しました。
高専の歌唱部と共にコラボ出演!

本校は第5部合同合唱ステージに出演しました。
混声合唱組曲『地球に寄り添って』
アンコールは『大地讃頌』
合唱部0330_1

指揮は津山高校の秋山貴先生。
温かく素敵な指導をしてくださいました。
最後にステージで津高のみなさんから本校に花束をいただき、部員一同感激しました!

本校OBも駆けつけてくれました。ありがたい・・・。

また春の部員獲得に向けて頑張って行きたいと思います。
みなさんありがとうございました。
合唱部0330_2



昨日、選抜大会から帰ってきました。
女子シングルス(2部)に出場していた田口有希子さん(2-3)ですが、全国ベスト16という結果に終わりました。
全国大会に出場できたのは個人でしたが、ここに至るには家族や他の部員、友人など多くの方々の支えがあったからだということを改めて実感しました。みなさん応援本当にありがとうございました。

s-卓球170329_3s-卓球170329_2s-卓球170329_1


田口有希子さん(2-3)のコメント:
全国大会に出場できたことは本当に嬉しく、誇りに思っています。
しかし試合を振り返ると緊張からいつも通りのプレーができなかったり、受け身になってしまったりということが多くあり悔しい大会となってしまいました。
今回の経験を活かして、3年生の最後の試合に向けこれからも練習に励みます。
支えて下さったみなさん本当にありがとうございました。

... 続きを読む
本日よりリーグ戦が始まり、2戦とも勝利しました!
この結果リーグ戦を勝ち抜き、明日からはトーナメント戦となります。


田口有希子さん(2-3)のコメント:
なんとかリーグ戦を突破しましたが振り返ると積極的に展開することができませんでした。明日は攻めの姿勢を大切にして戦いたいです。


現在ベスト16!!
応援よろしくお願いします。
本日、大阪にて平成28年第44回全国高等学校選抜卓球大会の開会式が行われました。
笑いあり、感動ありの大阪らしいユニークな開会式でした。
明日からいよいよリーグ戦が開始します。
応援をよろしくお願いします。
田口有希子さん(2-3)のコメント:
明日から対戦する、全国に出場されているみなさんは簡単に勝てる相手ではないと思います。
自分らしいプレーを積み重ねて良い試合にしたいです。

明日3月25日、本校卓球部田口有希子さん(2-3)が平成28年第44回全国高等学校選抜卓球大会に出発します。
会場は大阪市中央体育館です。
〈スケジュール〉
3/25 開会式
3/26~ リーグ戦開始
田口さんは、「これまで支えてくださった方々のためにも精一杯頑張ってきます。」と話していました。
遠い地ですが、みなさんの応援をよろしくお願いします。
がんばれ、田口さん!!
<2017年3月8日(水) 津山朝日新聞 掲載>
3月7日、創造コースの生徒たちが作州絣の着物を着て、
城西地区を散策したという記事が、3月8日の津山朝日新聞に掲載されました。

生徒たちは作州絣の良さを感じながら神社や寺、店などを訪れ、
津山の歴史や文化にふれました。
創造コース伝統文化系の生徒は、授業で着付けを習うので、
上手に着られたねとお褒めのお言葉をいただいたそうです。
創造コース作州絣
提供:津山朝日新聞社

参加した2年7組の角南 佳奈さんは
「作州絣の着物を着たのは初めて。地味な印象があったけど
 帯と組み合わせるととてもすてき。
 着心地がいいです。」
とインタビューに答えていました。

身近なところから、日本文化にふれられる良い体験をしましたね。
みなさんも一度、試してみてはいかがでしょうか。
美作高校では、卒業式の日に各クラスの黒板に色々なことが描かれます。
担任の先生から卒業生への熱い思いが描かれるクラスもあれば、
生徒から担任の先生や仲間への感謝の気持ちを描くクラスもあります。

今回は、3年8組の黒板をご紹介したいと思います。
3年8組黒板1


左側は、創造コースの生徒がチョークだけで描いた作品です。
3年8組黒板2


今、全国的に流行している黒板アートです。
素晴らしい作品ですね!!
左は生徒による作品、右側は先生からのお祝いの言葉。
二つ合わせて、クラスの一体感が垣間見えます。

1、2年生にも教室が解放されていますので、ぜひ見学して下さいね。
3月1日(水)、本校体育館で「第69回卒業証書授与式」が行われ、計291名がそれぞれの夢に向かって学校を後にしました。

卒業式の写真 卒業式の写真

■卒業証書授与
式では鈴木校長より卒業証書を授与。

卒業式の写真 卒業式の写真

「『桃李成蹊』。徳の高い人のところには自然と人が集まってくるものです。私たち教職員の願いは、いつか卒業生諸君が、この県北の中山間地域にあって、地域を愛し、地域を守り、地域を発展させていくたくましい人材になってくれること。そして、そして卒業生一人ひとりが「桃李」になり、美作地域を支え、多くの人が希望に溢れ、元気に生活してくれることを望んでいます。どうか自己の人格を高めることを続けてください。自分の生き方に不安を感じた時はいつでも母校の美作高校を訪ねてきてください。皆さんの心の拠り所としてこれからもその役を果たしていきたいと思っています。笑顔で待っています。」などと、はなむけの言葉が贈られました。


■送辞・答辞
在校生を代表して、生徒会長が卒業生への感謝と激励の言葉を述べ、続けて卒業生を代表して元生徒会長が「社会に出ると、高校のように周りに頼ってばかりではいられません。しかし、美作高校で学び、大きく成長した私たちなら、社会でもやっていけると信じています。美作高校で過ごした3年間は一生の財産です。つまずいたりすることがあっても、ここで学んだことを思い出し、自分の足で歩み続けて行くことを誓います。」と答辞を述べました。

卒業式の写真 卒業式の写真


■3年間の軌跡

式の後半では、「3年間の軌跡」として卒業生たちが制作した、3年間の思い出がたっぷり詰まったスライドを披露。
入学式や宿泊研修、修学旅行、八稜祭(文化祭・体育祭)などの写真を見ていると、楽しかったこと、嬉しかったこと、悩んだこと、苦しかったことなど数えきれないほどの思い出がよみがえり、感動的なひとときとなりました。


その後、卒業生のピアノ演奏で校歌などを斉唱し、卒業生は、在校生や保護者、教職員の祝福の拍手に見送られながら会場を後にしました。

卒業式の写真 卒業式の写真
卒業式の写真 卒業式の写真


*****
みなさん、ご卒業おめでとうございます。
これから先、時には辛いこともあると思いますが、高校時代に何かに一生懸命になった経験と支えてくれた仲間たちが、これからのみなさんを励まし続けることでしょう。
これから始まる新しい生活が、光り輝くものになりますように…☆