■第36回津山納涼ごんごまつり
8月2日・3日は津山市中心部で「第36回津山納涼ごんごまつり」が行われました。
ごんごまつりの写真
(“ごんご”とは津山の方言でカッパのこと。津山市内を流れる吉井川に、昔カッパが生息していたという伝説に由来します。)


美作学園から総勢400名が「ごんごおどり」に参加しました。
2日に行われたメインイベントのひとつ、「ごんごおどり」には、地元企業や医療機関、保育園など32団体、約2,000人が参加。それぞれがカッパをイメージした衣装と化粧でユーモラスなおどりを披露しました。

美作学園からは、美作大学附属幼稚園の園児と保護者、
美作高校のソフトボール部、バレーボール部、硬式野球部の生徒たち、
美作大学短期大学部 幼児教育学科2年生、
本学同窓会(OG)や教職員の総勢400名が参加し、通称「ごんご通り」を練り踊りました。


沿道はごんごおどりで盛り上がりました。
まずは美作大学附属幼稚園園児たちです。
甲羅や皿をイメージした手作りの衣装でカッパに扮した園児たちが、「ソーヤレ ソーヤレ」とかわいらしくおどります。
ごんごまつりの写真

幼稚園の後は、「地域と共に未来を拓く 美作学園100周年」の横断幕を先頭に、幼稚園の保護者の方、美作大学短期大学部、美作高校、同窓会(OG)やPTA、教職員へと列は続きました。
ごんごまつりの写真
(本学園は2015年で創設100周年を迎えます。)

美作高校の生徒たちは赤色のハッピで元気よく、美作大学短期大学部の学生たちはオレンジのTシャツに花の形をした手作りのお皿をつけておどりました。

ごんごまつりの写真 ごんごまつりの写真
ごんごまつりの写真 ごんごまつりの写真

最後に同窓会(卒業生)や教職員がピンクのハッピ姿で続きました。
ごんごまつりの写真

ごんご通りには総勢400名の「ソーヤレ、ソーヤレ、ごんごに水やれ!」と威勢の良い掛け声が響き、歩道の観客のみなさんからは盛大な拍手をいただきました。


美作学園は“ごんごばやし大賞”を受賞!!
おどりの後は、いよいよ表彰式。

美作学園は“ごんごばやし大賞”(3位に相当)をいただきました!
ごんごまつりの写真

毎年8月の初めに行われる津山市の一大イベント「ごんごまつり」で、他のおどり連の方や観客のみなさんと楽しい夏のひとときを過ごせたことを嬉しく思います。

ごんごまつりの写真
歩道の観客のみなさん、盛大な拍手をありがとうございました。
また来年もごんごまつりでお会いしましょう!



■津山市と宮古島市縁組50周年記念式典
ごんごおどりの前に、「津山と宮古島の姉妹縁組50周年記念式典」が行われ、美作高校の生徒も参加しました。
ごんごまつりの写真
式典は美作大学・美作大学短期大学部の沖縄県人会によるエイサーと開会宣言で始まり、両市の挨拶や津山市内の小学生による「津山と宮古島の未来宣言」、鶴山桜太鼓のみなさんによる迫力ある演奏などが披露されました。

(津山市と沖縄県宮古島市は姉妹都市縁組を締結しており、交流が盛んです。
昭和38年、平良第一小学校長が研修のために南小学校に滞在された際に、児童らの温かい心に感銘を受け学校縁組式を挙行。
その2年後の昭和40年、津山市と平良市議会で都市縁組が議決されました。(平良市:現宮古島市)
その後10周年、20周年、30周年、40周年を記念した交歓会などで交流を深めており、平成27年には姉妹縁組50周年を迎えることとなりました。)
Secret

TrackBackURL
→http://mimasaka90.blog27.fc2.com/tb.php/1201-c9821653