10月3日(土)、福祉コース3年生が津山消防署の方による「救急救命講習」を受講しました。


まずは、救急車が来るまでに自分にできる最善の処置である「心肺蘇生法」について学びました。

応急手当の必要性や方法の説明を受けた後、生徒は一人ずつ
1.反応を確認する
2.大声で応援を呼ぶ
3.呼吸をみる
4.胸骨圧迫を行う
5.人工呼吸を行う
などを実践しました。
 


続けてAEDの使い方や止血法、異物除去法などを学びました。


いざという時の応急手当は必要不可欠です。
生徒たちにとってその必要性や方法について学ぶことができ、大変有意義な講習となりました。

Secret

TrackBackURL
→http://mimasaka90.blog27.fc2.com/tb.php/1312-19b73da5