FC2ブログ
「詩集のリレー・いのちのリレー」
あたらしい取り組みとして美作高校では、「詩集のリレー・いのちのリレー」という事業を開始します。

この事業の説明の前に、大阪府枚方市在住の詩人・高木いさおさんを紹介しなければなりません。高木さんは相次ぐ子どもの事件を憂慮して、子どもの幸せを願って詩集と写真エッセーを出版されています。(このことは毎日新聞11月8日の記事でも紹介されています。)

美作高校と高木さんの最初の接点は、本校の卒業生を経てでした。本校の卒業生が高木さんの詩の抜粋を本校に寄贈され、卒業生の厚意でもあり、その詩集を図書館に置くようになりました。
その後、鈴木校長が校門横の掲示板に高木さんの詩を直筆で引用し、生徒へのメッセージを送っていたことは、このブログ4月12日 校門横の掲示板(美作百景2) でもお伝えしました。

その日のブログをご覧になった高木さんからコメントをいただき、さらに高木さんから「詩集のリレー」という次のような提案をいただきました。
~ 美作高校生徒全員に対して2冊の詩集「雲のある風景」と「愛することと優しさについて」を寄贈します。それを手元において、何か悩みを抱えた時など折に触れて読んでください。そして1年後、その詩集は後輩の元にリレーされていきます。そのリレーによって、物を大切にする心、いのちを大切にする心を培って欲しいと考えています。 ~

本校では、高木さんの善意や願い、卒業生や保護者の方々、教職員の思いをふまえ、「詩集のリレー・いのちのリレー」と名づけこの事業を開始することになりました。

最後に高木さんからのメッセージをご紹介します。
「美作高校に小さな一粒の種をお贈りします。美しい花がさくこと、咲き続けることを心より願っております。」
Secret

TrackBackURL
→http://mimasaka90.blog27.fc2.com/tb.php/239-7d303c5c