今日は福祉コースのメンバーが長島愛生園を訪れ、勉強をしてきました。
国立療養所長島愛生園は1930年に作られた施設で、ハンセン病の治療法がなかったため、隔離をされたという歴史があります。ハンセン病が治るようになった後も、当時の患者は後遺症等が残り、社会的弱者となり、偏見が残っているのが現状です。
福祉コースの生徒は差別の過去を知り、「自分たちがハンセン病についての話を伝えないと」と言ってくれる生徒もおり、今回の訪問がいい刺激になったようです。


DSCN3086.jpg
Secret

TrackBackURL
→http://mimasaka90.blog27.fc2.com/tb.php/741-3f41258d