美作高校では,4月下旬から5月下旬にかけて,就職先企業訪問を行なっています。これは,3月に卒業した生徒たちが,約1ヶ月間,社会に揉まれ成長している様子を確認するとともに,初めて社会の厳しさに触れ,望まない初期段階での離職を減少させるためでもあります。
これらは転勤のない,私立高校だからこそできるフォローだと思います。

H250417八景

さて,今回は,真庭市豊栄・湯原温泉「八景」様におじゃましました。
こちらには,2年連続で卒業生がお世話になっています。2名とも元気に頑張っている様子ですが,これには女将さんの厳しくも愛情ある教育のおかげだと感じました。

2年目の卒業生は,この1年間人知れずシャワーをしながら涙したことがあったと話してくれましたが,だからこそ,だんだんと働く楽しさ,やりがいが見つけられているのだと思います。

この3月に卒業したばかりの卒業生は,家庭と学校に守られていた生活と,自らの力で給与を稼ぐ厳しさのある生活とのギャップに戸惑っている様子も見受けられましたが,女将さんのご指導を全力で吸収して,立派な社会人になってくれることを祈っています。

私達美作高校は,高校3年間で「生きる力」を身につけさせることを目標に,学校教育を行なっていますが,まだまだ不十分であることは間違いありません。保護者の皆様はもちろんですが,地域の方々,企業の方々のお力を借りながら,さらに生徒自身の自立と自覚を高めていかなければならないと痛感させられました。
Secret

TrackBackURL
→http://mimasaka90.blog27.fc2.com/tb.php/875-937b63a4