2013.05.07 創設記念日
本日は美作高等学校創設記念日であり,朝,全校集会が行われました。
H250507創設記念日

美作高校の歴史は1915年(大正4年)にさかのぼります。

1915年(大正4年)4月に苫田郡教育会は女子の中等教育機関の必要性を認めて津山高等裁縫学校を創設しました。当時,作州における女子中等教育機関としては,津山高等女学校(現津山高校)と勝山実科高等女学校(現勝山高校)のみであり,とても入学難なじだいでした。女子教育機関を要望する一般市民の声に,苫田郡教育会が自ら設立に至りました。当初は,津山市田町にある民家を借りての教授開始でした。また,当時は公立の学校であったことになります。

その後,だんだんと生徒数が増え,とうとう200名近くに達することになり,高等女学校移行の検討され,1921年(大正10年)5月7日に津山実科高等女学校が文部省より認可されました。

この高等女学校認可日を創設記念日とし,また美作高校では「創立」記念日ではなく,「創設」記念日として生徒の皆さんに母校に対する誇りを持っていただこうと考えています。

さて,現在の山北へ校舎が移されたのは,1928年(昭和3年)になります。その後,1933年(昭和8年)には,与謝野晶子・寛夫妻が来校され,講演会を行いました。また,1934年(昭和9年)には岡山県下で2番めのプール(現在の八稜館の位置)が作られました。

その後,1941年(昭和16年)に学校名が「岡山県美作高等女学校」となり,1948年(昭和23年)には現在の新制「岡山県美作高等学校」になりました。

さて,美作高校も今年で98周年。歴史と伝統を礎に,現在の生徒の皆さんがどんどん新しい美作高校に変えてくれているところです。




Secret

TrackBackURL
→http://mimasaka90.blog27.fc2.com/tb.php/890-47157e5c