2月20日(金)、本校特別進学コース3年生のうち8名が、「卒業論文発表会」を実施しました。
この「卒業論文発表会」は本校初めての試みで、8名の生徒たちは約1か月間思い思いのテーマで研究してきた内容を発表しました。

20150220soturon4.jpg 20150220soturon3.jpg

卒業後薬学部に進学予定の生徒は、身近にある頭痛薬を使って、その成分について実験を行いました。
また、姉妹校のオーストラリア・エメラルド高校との交流がきっかけとなり日本や海外の文化をテーマに研究したもの、本校のある津山というまちについて研究したもの等、それぞれが個性あふれる発表を行いました。

各生徒の発表内容は下記の通りです。

・健康維持とスポーツの関連性
・コーチングに関する見解
・身近に存在するユニバーサルデザインと今後の課題
・医薬品について(サリチル酸誘導体に関する調査結果)
・日本の茶とイギリスの紅茶からみる論的考察
・津山駅周辺整備計画(地方都市計画の課題と解決の糸口探し)
・日本の“和”の心と文化(日本の伝統文化と異文化理解)
・生体とタンパク質について


20150220soturon2.jpg 20150220soturon1.jpg

生徒にとってはこの研究が、将来めざす職業への第一歩となり、また、本校のある津山市というまちの良さを見直すきっかけとなり、大変有意義なものとなりました。

2月13日(金)、本校で、美作学園の生徒・学生と地域の高齢者との交流の場「美作学園ふれあいの場」を実施しました。

これは、レクリエーションや茶話会などを通して美作学園の地域づくり活動を高齢者の方に身近に感じていただこうと、美作学園と津山市社会福祉協議会が協働で企画したものです。

当日は、本校福祉コースの2年生と美作大学社会福祉学科の学生、美作大学短期大学部専攻科の学生、そして地域の高齢者13名が参加し、交流を深めました。

*****
まずは本校福祉コースによる「創作レクリエーション」です。
6~7人のグループに分かれ、『四季』をテーマにした貼り絵を行いました。
 
今回完成した貼り絵は、来年度の本校の文化祭(9月)で披露します。

続けて「茶話会」です。
本校のクッキング部の手作りの芋ようかんをいただきながら、楽しいひとときを過ごしました。
 

その他、美作大学社会福祉学科の学生による「介護予防体操」、美作大学短期大学部専攻科の学生による「音楽レクリエーション」などを行い、音楽に合わせて身体や頭の体操を行いました。
   

「美作学園ふれあいの場」は今回初めての試みでしたが、地域の方と一緒に貼り絵をしたり、会話をしたりし、とても楽しい時間を過ごすことができたようです。
今回参加した美作高校福祉コース2年生の草地くんは、「とても楽しいひとときでした。これからもこのような地域の高齢者との交流の機会が続いていけばいいなと思いました。また、普段は少人数に分かれて施設へ実習に行っているため、クラスメイト全員が揃ってこのような交流の場を持つことが初めてで、クラスメイトの接し方や動き方がとても参考になりました。」と話しました。
本校の創造コースでは、芸術に親しむことにより「豊かな心」を育み、「生活に潤い」をもたらすことを目標に日々活動しています。

このたび、これまでの成果を保護者の方や地域の方にご覧いただき、更なるコースの充実・発展に繋げたいと考え、下記の要領で発表展示会を実施することになりました。

皆様のお越しをお待ちしています。

******
≪創造コース発表展示会≫

日時:平成26年12月24日(水)~27日(土)の4日間
    24日(水)14:00~18:00
    25日(木)10:00~18:00
    26日(金)10:00~18:00
    27日(土)10:00~15:00

会場:津山市立文化展示ホール(津山市新魚町17 アルネ津山)

出展者:創造コース 3年7組(35名)、2年7組(18名)

展示内容:美術作品、書道作品、生け花、陶芸


美作大学コース3年食物栄養系において、美作保健所栄養改善協議会、美作大学学生による「満足一人ご飯の講座」が行われました。
栄養バランスのとれた食事づくりや食事選択の知識を身につけることを目的とし、栄養指導や調理実習を行って頂きました。

メニューはご飯、フライパンでふんわり焼き魚、ほうれん草のみぞれ和え、芋煮、季節のフルーツです。
また、栄養委員の方が作って下さった小松菜とじゃこのふりかけは大変人気がありました。

地域の栄養委員の方、そして先輩である美作大学の学生から調理の仕方を学ぶ貴重な経験をすることができ、講座を通して食生活を改めて見直すことができました。
また、この講座はNHKの「ニュースもぎたて」にも紹介されました。

満足一人ご飯の講座の写真 満足一人ご飯の講座の写真
満足一人ご飯の講座の写真 満足一人ご飯の講座の写真
9月12日(金)、福祉コース3年生が、本校近隣の老人会を訪問し、番茶を贈りました。
老人会に番茶を贈る写真

この番茶は、美作市海田地区が作っている天日干し番茶で、本校の生徒たちがそれらを袋詰めしたものです。
番茶に含まれるカテキンには殺菌作用があり、風邪などの予防にも効果があります。

本校の福祉コースは“地域産業と共生する”ことをコンセプトに様々な取り組みをしており、美作市が生産している海田天日干し番茶をお年寄りの方に贈るのは、昨年に引き続き2回目です。

今回は敬老の日にちなんで、近隣町内会のお年寄りの方に「寒くなるこれからの季節、殺菌作用のある番茶を飲んで風邪をひかないようにしてほしい」という思いを込めて実施しました。

3年生を代表して、坂元くん岩元さん山下先生が老人会長さんのお宅を訪問。
番茶を手渡すと、会長さんも大変喜んでくださり、「これを飲んで元気でいたいな。また遊びに来てね」と言ってくださいました。

いっときの会話ではありましたが、会長さんがとても喜んでくださっていることを感じた岩元さんは、
「会長さんの笑顔を見ていたら、笑顔は健康のためにあり、健康は笑顔を生み出すのかな、と思いました。この番茶を飲んで、元気な老後を送ってほしいです。また、この海田天日干し番茶はとてもおいしいので、もっとたくさんの人に知ってもらい、飲む人も作る人も増えればいいなと思います。」と話しました。


また、生徒たちは昨日は津山市社会福祉協議会を訪問。
昨年ホームヘルパーの実習で津山市内のひとり暮らしのお年寄り宅を訪問しており、そのときにお世話になったお年寄りの方々にも番茶を渡していただくようお願いしました。


もうすぐ敬老の日。
生徒たちの思いが、お年寄りのみなさまに届きますように…☆
8月4日(月)は勉強合宿の出発式が行われました。
P1060831_R.jpg P1060834_R.jpg
勉強合宿は毎年この時期に実施しており、今年で22回目を迎えました。
自主自律の精神及び学習習慣を養成し、また、同じ目標を持つ仲間との連帯感を醸成することで、今後の学校生活をどのように過ごしていくか、意識を明確にすることを目的としています。

今回は特別進学コースとエクセル特進コースの1~3年生の希望者計58名が、英田郡西粟倉村にある「村営国民宿舎 あわくら荘」で行われる4泊5日の合宿に向けて出発しました。

出発前の式では、鈴木校長先生より「自分の課題を見つけ、その課題を克服するよう頑張ってほしい」などと、激励の言葉が贈られました。
P1060837_R.jpg P1060843_R.jpg

生徒たちは8日(金)まで、授業や自主学習に取り組みます。

生徒のみなさん、充実した合宿となるよう頑張ってくださいね!
今年度から始まったエクセル特進コースです。早速、1泊2日の勉強合宿を行なっています。


まだ入学前なのですが、早速本気モードです。
エクセル特進コースの皆さん、頑張って下さい。
今年度3年生のみとなり、最後の年度となったヘアファッションコースが、本日12月2日(月)校内コンクールを行いました。
校内コンクールは、年2回行われており、これが最後のコンクールとなりました。午前中から始まった競技は、服装などの清潔さなどから採点が行われ、カットの技術を実際に美容師をされている講師の先生から採点していただきました。

H251202HF校内コンクール

中原さん(3年生:吉井中学校出身)、平井さん(3年生:勝央中学校出身)が同点で優勝しました。

この校内コンクールの様子は本日(12/2)の
・NHK 18:10~
・RSK 17:00~
のニュースで放映されます。

ぜひご覧ください。